目指せドックトレーナー! 2歳から始めるダメゆるワンコの成長記+気ままなネコ暮らし

2018年10月より、ドックトレーナーアカデミーに通い始めました。目指すはドックトレーナー!ですが、一番の目的は我が家のワンコ(2歳のトイプードル)を教育するコト! きちんとした躾ができていないうちのコたちと一緒に一から勉強していきます♪そんなワンコと私の成長期&日々の生活の記録です。

甘えん坊ビビちゃん。~ネコの親離れ&イヌの親離れ

我が家の、THE家ネコ「ビビ(ビビアン)」は

近頃、朝起きると、1時間くらい、私から離れません。

 

追いかけてきて、足元で

「にゃ~」

f:id:dogforest:20190228131522j:plain

 

洗面所に行けばついてきて・・・

キッチンに行けばついてきて・・・

洗濯物を干し始めると、肩に乗ってきて・・・。

 

磁石のごとくついてくるので、

たまに、蹴飛ばしてしまいます。

 

仕事に行く支度で、化粧をしている時等は

膝の上に乗せておくと、ゴロゴロ始まり

寝始めます。

f:id:dogforest:20190228131621j:plain

 よく寝ているな~と、そっと立ち上がると、

数分はそのまま寝ているのですが、

まもなく起きて、ついてきてしまいます。

 

ここだけ見ていると、

かわいいのですが、

 

あまりにもしつこすぎて

生活に支障がでることも(笑)

 

 1時間くらいすると落ち着くのですが、

 あまりにも忙しい時は、

 ビビの場所(ケージの屋根)に、ゆたんぽと

 一緒に置くと、しばらくはおとなしく

 毛づくろいをしていたりします。 

 

甘えているのでしょうか?

f:id:dogforest:20190316202120j:plain

朝はココが定位置(私の足の間)。寝てない・・・。

 

甘えているといえば、

ビビは、寝る前に前足で寝床をモミモミします。

 

f:id:dogforest:20190304065406j:image

イヌたちはやらないことなので、調べてみると・・・

(イヌたちは、寝る前、布団をホリホリします♪

 本当に、穴が開くんじゃーないかなと思うくらい。)

 

とてもかわいいしぐさですが、

これは、お母さんの母乳を飲むときのしぐさだそうで、

ちゃんと、親離れできていないコに多く残っているそうです。

 

ビビと出会ったのは、推定生後1ケ月半ころ

親離れは、生後3ケ月くらいと言われていますので、

普通であれば、まだお母さんと一緒にいる

時期だったのでしょう。

 

親離れする前に、何らかの事情で

お母さんとはぐれてしまったのかもしれません。

 

親離れしてないコは

甘える傾向が多いとのことなので、

やはり、早くにお母さんと離れた影響があるのかもしれません。

f:id:dogforest:20190228163309j:plain

我が家に来た日のビビ(500g)

 

出会う前、何があったかはわかりませんが、

お母さんの分まで、愛情を注いであげなくては

なりませんね。

 

甘える他に、凶暴になることもあるそうです。

そうならなければいいのですが・・・。

f:id:dogforest:20190228190352j:plain



 

これは、ビビに責任はありませんので

受け止めてあげなくてはいけませんね。

 

甘えん坊な仕草は多々ありますが、

最近は、コミュニケーションも少しずつ

取れるようになってきており、

 

私が、キッチンにいると

キッチンカウンターに来て

(ここまでは、これまでと同じなのですが)

カウンターの上で、お座りして、

こっちに来ないことが多くなってきました。

 

いままでは、キッチンに入ってきていたのですが、

カウンターの上で、じっと座って

こちらをじっと見ています。

f:id:dogforest:20190228163536j:plain

 

f:id:dogforest:20190228220408j:plain

「こっちに来たいけど、我慢している。」

という感じ。

 

見つめられると、弱いです。

目ぢから強いので(笑)

 

 

 

 

 

「親離れ」・・・

ハルは生後53日目、エマは81日目に

我が家に来ました。

f:id:dogforest:20190228162821j:plain

f:id:dogforest:20190228163129j:plain

 

お母さんと2ケ月半一緒にいたエマは、

性格的な怖がりはありますが、

精神的に安定しているような気がします。

 

(もちろん、こちらのしつけの仕方や、

 社会化させてあげることができたか否かもありますが、)

ハルは、ちょっと早くお母さんから離してしまったこと

少し反省しています。

 

ビビは、自然の中での出来事ですから

仕方がないことだったのでしょうけど・・・。

 

3にんとも、赤い糸で結ばれて

我が家に来てくれました。

 

幸せになってくれますように。

そのために、できることはしていかねばなりません。

 

ビビがモミモミすつ度に、そう思います。・

 

 

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村