目指せドックトレーナー! 2歳から始めるダメゆるワンコの成長記+気ままなネコ暮らし

2018年10月より、ドックトレーナーアカデミーに通い始めました。目指すはドックトレーナー!ではなく、一番の目的は我が家のワンコ(2歳のトイプードル)を教育するコト! きちんとした躾ができていないうちのコたちと一緒に一から勉強していきます♪そんなワンコと私の成長期&日々の生活の記録です。

ねこ塾<第五回目>がん

こんばんは!

今日は春のような暖かさ♪

 

もう寒くならないでほしいものです^^

 

f:id:dogforest:20200213183046j:image

 ▼コトラちゃんも元気にお散歩してました♪

f:id:dogforest:20200213185947j:image 

 

さてさて、今度は

5回目ねこ塾に行ってまいりました。

 

5回目???

4回目(1月)は、仕事の都合がつかず

休んでしまったのです。

 

休んでしまったときは、

資料を郵送いただいて、

Web視聴できます。

 

でも、だめですねー。

まだ、Web視聴できていない。

 

やっぱり、いかなキャーダメなんです>。<

 

 

さて、今回は、

※※※愛猫のガンについてです。※※※

 

まず、

腫瘍には悪性良性がありますが、

その割合は、犬の場合50:50にたいし、

猫の場合は8~9割が悪性だそうです。

 

ショッキングな数字です。

 

とてもつらいですが、 

がんになってしまったときの治療について。

基本は、

①手術

②放射線治療

③抗がん剤

 

 人間と同じですが、言葉で伝えられない猫に・・・

と考えると、怖くなりますよね。

 

「抗がん剤」=つらい。

でも、人間と動物では使い方が違うようです。

 

人間の場合は、最大限の量を投与する。

しかし、動物の場合は、

副作用がない最大限の量を投与

副作用があった場合は、量を減らしたりすることもあるそうです。

 

ということは、もちろん、

効果も小さくなるそうですが。

 

しかし、医学は進歩しています。

免疫療法光戦温熱療法など

様々な治療法も確立されています。

 

もし、がんになってしまったとき

昔は、積極的に治療をするのか?

それとも、緩和ケアをするのか?だったそうですが、

 

今は、併行してそのバランスを見ながら治療していただけるそうです。

 

一番大事なのは、飼い主が

その子のことを考えて、考えて、考えて

道を決めることのようです。

 

<備忘録>

・おうちでタバコを吸っていると、リンパ腫になる確率が高くなるそうです。

 吸わないを1とすると、5年以上吸っていると3.2倍

 二人以上で吸っていると4.1倍だそうです。

 ※副流煙もそうですが、体についた煙を

  舐めて体内に入れてしまうことが大きな原因のようです。

 

リンパ腫は、怖い病気で

 悪性度が高いものだと余命1-3ケ月

 悪性度が低いものでも12-24ケ月。

 ですが、

 抗がん剤が効きやすいそうで、

 先生の病院でも、

 リンパ腫が治ってしまった例がいくつかあるそうです。

 

 

乳がん

 早く避妊手術をしたほうが、乳がんの発生率が低くなります。

 24ケ月以降だと、

 避妊手術をしない場合と発生率は変わらないそうです。

 

 アメリカでは、早期に避妊手術をすることが当たり前になっており、

 今や、乳がん自体が少なくなっているそう。

 

 

 ビビは、生後半年(推定)で手術をしましたが、

 お母さんは、1歳~2歳(推定)

 さらに出産もしているので、どうなんでしょうかね。

f:id:dogforest:20200209182904j:image

f:id:dogforest:20200209182901j:image

 

 病気にならず、いつまでも元気でいてくれますように・・・

 

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村