目指せドックトレーナー! 2歳から始めるダメゆるワンコの成長記+気ままなネコ暮らし

2018年10月より、ドックトレーナーアカデミーに通い始めました。目指すはドックトレーナー!ではなく、一番の目的は我が家のワンコ(2歳のトイプードル)を教育するコト! きちんとした躾ができていないうちのコたちと一緒に一から勉強していきます♪そんなワンコと私の成長期&日々の生活の記録です。

健康が一番!エマ退院後(パテラ*膝蓋骨脱臼)  

 

www.dogforest.net

 

 

  

3泊4日の入院の後は

自宅療養です。

 

病院では、なれない環境もあり、

精神的にもきっとつらかったでしょう。

 

帰ってきたら、ミルクを一気に飲み干し、

その後はぐっすり眠りました。

やっと安心できたんでしょうね。

 

 

f:id:dogforest:20181206153513j:plain

退院直後のエマ。ミルクを飲んだらぐったり。

「どこかに遊びに行けるの?」と

ルンルン車に乗って出かけて、

エマにとっては、突然知らないところにおいていかれて。

 

手術中は、麻酔がかかってますのでわからないでしょうけど、

気がつけば、足が変なことになっている。

 

状況がわからないから、不安だったでしょう。

 

 

 

ところで、ハルは。。。

無事エマは退院してきたのですが、

4日間一人で寂しかったはずのハル。

 

エマは、4日ぶりのハルにあって、大興奮!

ペロペロしまくりなのですが、

ハルは、そっけない。どころか逃げるようなそぶりも。

 

最初は、「照れくさいのかね」

といっていたものの、

夜になっても、次の日になっても、エマに近づこうとしません。

 

病院の匂いとかがするんですかね。

 

エマは、手術前と変わらずハルに近づいていくので、

ちょっとかわいそうに思いながらみていました。

 

翌日の午後、ふと見ると

ふたりで寄り添って日向ぼっこしていました。

この時、何を考えていたんでしょうね?^^

 

人間にはわからない、絆のようなものがあるんだと思います。

ほっとしました。

f:id:dogforest:20181206151013j:plain

退院後、初めて寄り添うハルとエマ

f:id:dogforest:20181202175136j:plain

包帯が取れるまで、足をカバーできる洋服を。患者さんっぽい?笑

↑抜糸した後は、ずっとエリカラをつけているのもかわいそうなので、

足がカバーできる洋服をきせてました。

 

実はいろいろ探して、これやっと見つけたんです。

オーガニックコットンで、背中が紐なので、足怪我していても

着せやすい。

 

おなかを隠せる術後着などは多く販売されているのですが、

足を隠せるタイプはなかなかなく・・・。

通常のオーバーオールタイプの服は、

かぶりタイプだったり、

バンテージをしていると、足が太くなっているので入らない。


 

 

これと↓のピンクの服をなんとか2枚調達して

すごせました。

 

足を手術した時などに使える術後着作ってほしいです!

f:id:dogforest:20181202175315j:plain

退院してから1週間後。バレンタインのケーキで退院祝い♪

 

 

1週間たって、抜糸もして、

そこから、バンテージが取れるまでは約1ヶ月。

ステージ2だと3週間ほどらしいのですが、

エマはステージ3だったので、4週間。

 

そこまでは、お散歩は禁止。

家の中でも、ベッドのある部屋は閉め、

やむを得ないソファーは、ステップを置いて。

 

家の中を自由にあるく程度は問題ないのですが、

段差や急発進、急ブレーキはご法度!

 

といっても、人間のように、

怪我が治るまではだめよ!が通じないのが本人も家族もつらいところ。

f:id:dogforest:20181206160222j:plain

お天気の良い日は、ベランダでひなたぼっこ♪

 

また、もともと、肌が弱いエマは、

バンテージと、足の付け根のところがすれて赤くなったり。

 

バンテージが取れるまでが長いこと。

でも、一番つらいのはエマですね。

 

バンテージがとれても、お散歩が即解禁ということではなく、

そこからがリハビリの日々です。

 

まずは、5分歩いて、5分休憩

これを3セットからはじめました。

 

なにせ、1ヶ月も歩いていないんですから

筋肉は相当落ちています。

 

なので、少しずつ少しずつ、鳴らしていきます。

 

最初は、バンテージを巻いていないのに

びっこ引いてあるいたりもしていました。

f:id:dogforest:20181206161224j:plain

リハビリ中のエマ。

スマホのタイマーを5分かけて歩き

なると抱っこするのですが、

自分の足のことをわかっているかのように

抱っこされたら、おとなしく抱かれてるんです。

 

行きは、カートで公園までいくのですが

ハルが目の前を歩いていても、

歩きたがらないんです。

 

と、手術から約2ヶ月で元通りの生活になり

 第一回目の手術は終わり。

 

二回目は、同様に右足を6月に手術。

 

今は、両足治って、元気に走り回っています。

 

これまで、痛い思いをしたのか、

段差を自分から上ったりしないし、

フローリングもかなり慎重だったのですが、

今は、全開モード!

 

 ちょっと怖くなるときもあります。

もう痛い思いをしないよう、

油断せずに、特に足は大切にしていかねばなりません。

 

手術して良かった。

 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村