目指せドックトレーナー! 2歳から始めるダメゆるワンコの成長記+気ままなネコ暮らし

2018年10月より、ドックトレーナーアカデミーに通い始めました。目指すはドックトレーナー!ではなく、一番の目的は我が家のワンコ(2歳のトイプードル)を教育するコト! きちんとした躾ができていないうちのコたちと一緒に一から勉強していきます♪そんなワンコと私の成長期&日々の生活の記録です。

【わんわんグルメ♪】ハルのお気に入りフード <1>

我が家のハルくん

f:id:dogforest:20181118182850j:plain

 

食ムラというか、好き嫌いなのか?

それともグルメなんだか・・・。

 

臭いをかいで、気に入らないと

絶対に口を開けないハル。

 

小さい時は、マル1日食べないこともありました。

1歳のころの体重は2キロちょっと。

(今は2.7kgくらい。)

 

体重というよりも、腰を触ると、

 

骨がゴリゴリ・・・。

 

ささみや、ジャーキー等はもちろん食べるのですが、

総合栄養食というものは、まったくと言っていいほど食べません。

 

いろいろ調べてみると

「それで、違うものを上げてしまってはダメ。

 1日~2日くらい食べなくても死なない。

 おなかが限界にくるまで根競べ」

 

と書いてあるものもあれば

 

「それは、成犬の話。

 成長期はそうもいっていられないので、

何か食べさせて!」

 

というものもあり。

 

たぶん、どっちも間違えではないのでしょう。

 

いろいろ買いました。

 

◆ペットショップで、美味しそうなパッケージのもの。

◆ネットのクチコミがよいもの。

◆少量のお試しサイズがあるもの。

◆ドライ、缶詰、レトルトパック。

 

少量食べてくれるものもありましたが、

継続的に食べてくれるものは1つもなく。

 

それどころか、1粒も食べないものもあり。

残りは、もったいないので知り合いにもらってもらったり。

 

↓毛があるので、わかり辛いですが

カットをすると、スリムなボディに。

(個人的には、うらやましいですが・・・笑)

f:id:dogforest:20181118171151j:plain

↑写真を見るとわかるように、

この頃、涙焼けもひどかったんです。

 

「白だから仕方ない」と言い聞かせ、

こまめに拭いてはいましたが、

なかなか良化はしません。

 

ネットで「涙焼け」を調べると、

こちらも、意見は様々ですが、

◆フード選びは重要。

◆粗悪なフード(添加物や、参加した油等を含む)を取っていると

タンパク質の代謝副産物がこびりついて涙の排出がうまくできなる。

◆高たんぱく

◆疾患

-------------------------------------------------------------------------------

・穀類<トウモロコシ、小麦粉、脱脂米糠、コーングルテンフィード>

・角切りササミジャーキー

・肉類<チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、チキンレバーパウダー?

・豆類<脱脂大豆、大豆粉末>・・・・・・・・・・・・・

-------------------------------------------------------------------------------

↑当時、比較的食べてくれていたドックフードの表示(一部)です。

一番量が入っているものから記載されていますので、

穀物が最も多く、次いでささみジャーキー、

肉類においては「ミール」「粉」という表記が。

 

コンドロイチンや、グルコサミン等

よさそうな栄養素も入ってはおりますが、

その他、着色料●色○号の表記もありました。

 

パッケージの「おいしさ」「栄養」とかの文字ばっかり

気にしていた自分に喝!

 

それから、栄養素を第一に見るようになりました。

 

ちなみに、もっと食いつきがよかったフードの表記はこれ↓

--------------------------------------------------------------------------------

・穀類<小麦粉、ホミニーフィード、とうもろこし、小麦ふすま、中白糠

  コーングルテンミール、 脱脂米糠>

・肉類<チキンミール、ミートミール、チキンパウダー>

 動物性油脂 大豆ミール、フィッシュミール

--------------------------------------------------------------------------------

こちらも、グルコサミンやコンドロイチンなど入っていますが、

もちろん、着色料も!

ということで、ここから新たなドックフード探しが始まりました。

 

つづく・・・